空き家の遺品整理 どのように片付ける?費用はどのくらい?

カテゴリ:
その他
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省が5年毎に調査を行う『空家実態調査』によると、2014年時点で空き家となっていた住宅を取得した方のうち、56.4%の方が相続によって取得したと回答しています。

 

参考資料:国土交通省 空き家等の現状について

 

相続で空き家(実家)を取得したものの、お子さんが既に別の場所で生活の基盤を固めている場合は、実家を売却するか賃貸に出すか、もしくは解体するかの方法があります。

ですが、売却・賃貸・解体のいずれを選んでも多くの方が悩んでしまうことがあるのです。

 

【空き家処分で悩みやすい遺品整理】


空き家の遺品整理1

 

実家を相続した方の多くが悩みやすいポイントが、『遺品整理』です。

相続した方が既に別の場所で生活の基盤を固めている場合は、先ほど挙げた3つの方法(売却・賃貸・解体)のいずれかを選択すると、実家を処分することができます。

 

ただし、売却・賃貸・解体のいずれの方法も、まずは家の中にある遺品整理をしないことには何も進みません。

ですが、家族のアルバムや手紙・親御さん自身が大切にしていた物など、思い出が詰まった物をそう簡単に片付けることは難しいですよね。

また、親御さん名義のクレジットカードや金融機関の通帳、各種契約書や仕事関連の書類など、どう処分したら良いのか迷う遺品も多いでしょう。

さらに、遺品整理はそれなりに費用もかかるため、そうした手間を考慮した結果、仕方なく空き家として放置してしまうケースもあるようです。

 

【空き家処分の前に行うべき遺品整理の進め方】


空き家の遺品整理に必要な年金手帳


悩みがちな遺品整理ですが、ポイントを押さえて整理を行うと、保管するべきものと処分するものを仕分けやすくなります。

以下に、そのポイントをまとめてみました。

 

・保管しておいた方が良いもの

 

手紙・手帳・年金手帳・金融機関の通帳・印鑑など

 

これらは相続関連の手続きを行う際に必要となります。

手紙や手帳は、亡くなった親御さんがどの方とどのような交流を持っていたか、相続関連の手続きを行う場合に関係のある方を調べる手がかりにもなります。

他にも、株券や保険証書・各種契約書・借用書なども保管しておきましょう。

 

・別の場所に保管するもの

 

家具・家電

 

まだまだ使えそうな家具や家電は、お子さんが引き続き使いたいと思った場合は引き取って構いません。

ただ、今すぐ使う予定がなかったり、自宅で保管できる場所がなかったりする場合は貸倉庫(トランクルーム)などを利用して、別の場所に一時保管すると良いでしょう。

そうすると、空き家をすっきり片付けることができる上、自宅に荷物が増えすぎて困ることもありません。

貸倉庫に預ける場合は必要な時にすぐ取り出せるよう、実家近くではなく自宅近くの貸倉庫を探すことをおすすめします。

 

・処分するもの

 

食器・服・本など

 

遺産相続に直接関係がなく、お子さん自身も特に必要としないようであれば、処分しても良いでしょう。

処分方法としては、リサイクルショップへ売る、フリーマーケットなどで売る、親戚や近所の方々・地域へ寄贈する方法などがあります。

なお、寄贈の場合は対象となるものの質や贈り先の方針などの問題があるので、その点に配慮が必要です。


【空き家の遺品整理 費用はどのくらいかかる?】


空き家の遺品整理に必要な費用


先ほども述べたように、空き家の遺品整理を行う場合は少なからずお金がかかります。

そしてその費用は、どのようにして片付けるかによって金額が変動します。

 

まず、遺品整理にかかる費用として多いのが、粗大ゴミの処分です。

家電リサイクル法で定められている家電以外の物や家具は、粗大ゴミとして処分することができます。

粗大ゴミの料金は各自治体によって異なるので、空き家のある自治体のルールに従って処分しましょう。

()東京都新宿区の場合…IH2口クッキングヒーター800円、HDDレコーダー400円、2人掛け用ソファ…1,200

 

そして粗大ゴミとして出せない冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコンは、家電量販店に引き取ってもらうか、専門業者に引き取ってもらいます。

なお、この4品目のリサイクル料金は、製造したメーカーや収集業者によって異なるため、依頼前にきちんと料金を確認しましょう。

なお、近年は遺品整理を専門に行う業者もあるので、ご自身だけで片付けることが難しい場合は、そちらへ依頼するのも良いでしょう。

 

【まとめ】


空き家の遺品整理は、思った以上に細かいものまで片付ける必要があるため、手間もお金もかかります。

しかし、きちんと実家を片付けることが、空き家処分の第一歩です。

遺された家族や親戚と協力し合いながら、スムーズな遺品整理を進めましょう。