空き家の防犯対策が地域の治安維持に重要な理由とは

カテゴリ:
空き家の管理方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいの防犯対策は、安心して暮らすために欠かせません。

では、人が住んでいない空き家の場合はどうでしょうか。

転勤などで一時的に自宅を空き家にして、室内に家具や家電を置いておく場合は、空き巣対策が必要です。

 

一方、長期間誰も住んでおらず、家具や家電を含めた貴重品も一切置いていない場合は、特に防犯対策を行う必要はないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その場合も人が住んでいる家と同じように、防犯対策を行うことが重要なのです。


【空き家でも防犯対策が必要な理由】


空き家の管理・セキュリティ


空き家でも防犯対策を行うことが必要な理由は、地域の治安を守るためです。

空き巣にとって、建物や庭が荒れ放題になっている家は人目に付きにくいため、人が住んでいる家より侵入しやすいものです。

人目に付きにくいということは、発見されるまでに時間がかかるため、不審者にとっては格好の場所となります。

また、空き家は空き巣以外の犯罪が起こる可能性も高く、近年では侵入に成功した詐欺グループの活動拠点として利用されていたケースもあります。

近所にこのような犯罪を行う者がいることは、近隣住民の方にとって安心して暮らせる環境にあるとは言えません。

 

他にも、荒れ放題の空き家は不法侵入をした者が放火をしたり、ゴミを不法投棄したりと、地域の住環境を著しく低下させる要因にもつながります。

地域の方々が安心して暮らせるように、空き家の防犯面を強化する必要があるのです。

 

【空き家の防犯面を強化するには空き巣の手口を知ろう】



空き巣の侵入


先ほどまでのお話で、空き家の防犯対策強化がいかに重要かということがおわかりいただけたかと思います。

続いては、どのようにして防犯面を強化したら良いのか考えてみましょう。

 

空き家の防犯面を強化するには、まず空き巣の手口を知ることが大切です。

警察庁が公開しているデータによると、空き巣の侵入経路として多いのが窓と表出入り口(玄関)です。

 

参考ページ:警察庁住まいる防犯110

 

玄関の場合は、特殊な工具を使用して鍵を開けるピッキングやサムターン回しなどが主な手口ですが、窓の場合はガラス破りが多くなっています。

ガラス破りというと、窓ガラスを割った時の大きな音で周囲に気づかれやすいのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、窓ガラスは素材によって割れた時の音がさほど大きくないものもあり、

空き巣のプロであれば音を最小限に抑えて破ることも簡単です。

そうした点を踏まえて、玄関や窓は侵入を防ぎやすい素材を利用したものに変えましょう。

窓ガラスには、防犯性が認められているCPマークが付いているものを選ぶことをおすすめします。

 

他にも、人感センサー式のライトの設置や足音がしやすい砂利の敷き詰めなど、できる限りの防犯対策を行うことで、空き家を守れます。

警視庁のホームページでも、空き巣の侵入対策方法をご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

 

参考ページ:警視庁 侵入窃盗の防犯対策

 

【空き家の防犯対策で怠ってはいけない『人の目による監視』】



人の目の監視


空き家の防犯対策には、先ほどご紹介した侵入経路の防犯強化も有効ですが、それと同じくらい有効な方法があります。

それが『人の目による監視』です。

 

先にお話したように、空き巣やその他の犯罪を行う不審者にとって、誰かに見られることは一番都合が悪いことです。

そのため、普段から空き家の所有者や近所に住む方々など、常に誰かが見ている状況では悪事を働くことができません。

日頃からご近所付き合いが盛んで、挨拶を交わすことが多いような地域なら、見知らぬ人がいるとすぐにわかります。

 

空き家周辺の近所の方々とあまり交流がない場合や、ご近所付き合いも兼ねてより防犯面を強化したいのであれば、空き家管理サービスを利用するのもおすすめです。

空き家管理サービスは建物の維持管理だけでなく、選択するプランによってポスティングされた広告の回収や住宅の見回り、ホームセキュリティの導入などを依頼することができますよ。

空き家のある地域から管理サービスを行っている会社をいくつか選んで、料金や管理サービス内容を比較検討して選んでみてはいかがでしょうか。


【まとめ】


空き家の管理を怠ることは所有者個人の問題だけでなく、周辺地域の方々へ多大なご迷惑をかけてしまうことになります。

いつまでも安心して暮らせる街づくりのためにも、できる限りの防犯対策、ご近所付き合いや空き家管理サービスを利用した管理を積極的に行いましょう。