空き家をシェアハウスとして活用する場合のメリットとは

空き家をシェアハウスとして活用する場合のメリットとは
2017-11-17
空き家の活用法の一つとして、近年注目度が高まっているのが『シェアハウス』です。 数名が同じ屋根の下で暮らすシェアハウスは、若い世代を中心にニーズがあり、それに着目したオーナーが、所有する空き家をシェアハウスにされるのです。 では、空き家をシェアハウスとして活用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。 また、活用にあたって必要な手続きには、どのような項目があるのでしょうか。 空き家をシェアハウスとして活用することのメリット シェアハウスは、『相場よりも安い家賃で暮らせる場合がある』『見知らぬ方々と新しい交友関係が築ける』など、多くのメリットがあります。 特に、都心部や地方

READ MORE

建物の管理だけではない、間口が広がる空き家ビジネスの形態とは

建物の管理だけではない、間口が広がる空き家ビジネスの形態とは
2017-11-14
空き家は『家』なので、原則として管理を行う方は個人の所有者です。 しかし、何らかの理由により、個人で管理をすることが難しい方に代わって空き家に関するビジネスを行う企業や団体が近年増えています。 そのビジネスは、一体どういう企業や団体が行っているのでしょうか。 空き家ビジネスを行う企業とは  空き家のビジネスを行っている企業とは、住宅メーカーやディベロッパー、建物管理、ホームセキュリティといった民間企業からNPO法人まで様々です。 ※ディベロッパー…宅地造成や分譲マンションの建築、再開発など、大規模事業を行う企業のこと。   こういった民間企業や団体が空き家

READ MORE

海外赴任を機に持ち家を空き家にする場合の管理はどうする?

海外赴任を機に持ち家を空き家にする場合の管理はどうする?
2017-11-03
前回、転勤を機に持ち家が空き家になる場合の管理方法についてご紹介しました。   関連記事:急な転勤…空き家になる持ち家の管理方法とは   この時、空き家の管理方法の1つとして、定期的に自宅へ戻って掃除や通風・通水を行うこと等をご紹介しました。 この方法は、転勤先と自宅の往復の交通費がかかるくらいで、親戚や知人などどなたかに頼む手間や謝礼金などは要りません。 しかし、転勤先が海外だった場合は、定期的に自宅へ戻って空き家を自己管理することはなかなか難しいものです。 今回は、海外赴任が決まった場合の空き家管理について考えてみましょう。 【海外赴任中の空き家はどう管

READ MORE

急な転勤…空き家になる持ち家の管理方法とは

急な転勤…空き家になる持ち家の管理方法とは
2017-10-28
今、日本で深刻な社会問題の 1つとなっている空き家ですが、空き家となるきっかけの中には『転勤』が関係するケースもあります。 持ち家を所有している方の中には、いずれ転勤でその土地を離れなければいけない方もいらっしゃるでしょう。 転勤の辞令が出るタイミングは、念願のマイホームを購入した直後の場合もあれば、購入して数年経ってから出る場合もあります。 その際に悩みどころとなるのが、マイホームをどうするのかということです。

READ MORE

空き家問題が解決する?自治体が進める「空き家バンク」とは

空き家問題が解決する?自治体が進める「空き家バンク」とは
2017-10-24
近年、多くの自治体が抱える問題として、空き家がクローズアップされることが増えました。 2015年に行われた国勢調査では、統計開始から初めて人口が減少に転じたことも判明し、今後は人口の減少とともに空き家の増加が大きな課題となるでしょう。 そんな空き家をただ取り壊すだけでなく、どうにか活用できないかと各自治体が考え、生まれたアイディアが『空き家バンク』です。 空き家バンクとはどういう制度? 空き家バンクとは、空き家を所有している方と空き家を利用したい方をマッチングさせるシステムです。 この空き家バンクは、自治体そのものが運営を行っているケースと、自治体から委託を受けた一般の団体が代わって

READ MORE