空き家を賃貸に出して成功する人、失敗する人

テーマ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで全国空き家管理NAVIでは、空き家問題の深刻さや、それに対する国の法整備などをご紹介してきました。

そんな空き家の活用法として多い例が、賃貸物件として貸し出すことです。

空き家を賃貸にすることは、人が住んで自然に通風や通水といった管理が行われるため家が傷みにくくなること、そして家賃収入を得られるというメリットがあります。

しかし、空き家を賃貸にして家賃収入を得られることを安易に考えてしまうと、失敗してしまう可能性も否めません。

では、空き家を賃貸物件として活用する場合、どんな方が成功するのか、もしくは失敗してしまうのでしょうか。


空き家賃貸で成功する方は『きちんと見極めている方』


//www.img-asp.jp/cms/85426_1_500_1000_1.jpg?t=1505133859

 

空き家を賃貸として貸し出す場合、成功する方の特徴で多いケースは、『きちんと見極めていること』です。

例えば、所有する空き家のあるエリアでは、どの程度賃貸物件の需要が高いのかどうかと考えることがとても重要です。

やはり需要が高い地域の方が少しでも高い入居率を見込めますし、その分安定した家賃収入を得やすくなりますね。

 

そして、見極めるポイントは賃貸の需要度だけでなく、入居希望者の審査も対象となります。

一般の賃貸物件の入居審査と同様に、入居希望者の収入や人柄をよく見て、「この方なら物件を貸しても大丈夫だろう」と思える方に貸し出すことが大切です。


空き家賃貸で失敗してしまう方の特徴は?

 

//www.img-asp.jp/cms/85426_1_500_1000_1.jpg?t=1505133859


先ほどは、空き家賃貸で成功する方の特徴を挙げましたが、反対に失敗してしまう方の特徴もご紹介します。

まずは、そのエリアでの賃貸需要度や入居希望者の人柄を『きちんと見極められなかった方』です。

賃貸需要度が低いエリアにアパートやマンションを建てても、安定した家賃収入の見込みは低いですよね。

また、他の入居者の方とトラブルになりやすい方が住んでいると、ご近所の方も気持ち良く暮らすことができず、空室が増える可能性があります。

 

他にも、『空き家を解体してアパートにしたものの、思うように家賃収入が見込めず、ローンの支払いに苦労している』という事例もあります。

空き家を賃貸にされる方の中には、親御さん亡き後に相続した実家の相続税対策として、家を取り壊してアパートやマンションを建てる方もいらっしゃいます。

確かにこの方法は、宅地と家屋が貸家用として評価されるため、自宅用と比較すると相続税の評価額を下げることができます。

しかし、家賃収入分から物件建築時に借り入れたローンを返済する予定の場合、満室でない時もきちんと返済することができるか否かまで考えなくてはいけません。

 

どれだけ賃貸需要度が高いエリアでも、永遠に満室とは限りませんよね。

また、いずれ建物が古くなって家賃を値下げすることになった時、収入が減っても無理なくローン返済ができるかどうか、そこまでじっくり考えましょう。


プロに管理を任せる方法も有効



空き家を賃貸物件として活用する場合、ネックとなりやすいポイントが建物や入居者から寄せられる要望などの管理・対応です。

オーナーさんは、賃貸物件に住む方が必要最低限の暮らしを送ることができるように、適切な管理を行うことが法律で義務付けられています。(民法606条第1)

一例を挙げると、経年劣化による建物の修繕や設備の修理・交換、家賃支払い状況の確認、入居者同士のトラブル解決などの管理は、オーナーさんの義務なのです。

しかし、中には簡単に解決できないこともあり、そうした負担がネックとなって、空き家を賃貸として活用することを躊躇ってしまうケースも少なくありません。

 

そうした不安を取り除くためには、賃貸管理を行っている不動産会社へ委託する方法がおすすめです。

不動産のことを熟知したプロが、オーナーさんに代わって賃貸管理を行うため、安心してお任せすることができますよ。


まとめ


空き家を賃貸物件にすることは、放置されている不動産物件を有効的に活用できる方法の1つですが、成功するか否かは紙一重です。

後悔のない空き家活用法とするためにも、きちんと事前調査や依頼先の不動産会社探しをじっくり行いましょう。

全国空き家管理NAVIでは、空き家管理を取り扱う不動産会社の検索を行うことができますので、ご興味のある方はぜひご活用ください。