空き家でも火災保険の加入は必要!入らないと大きなリスクを負うことに

カテゴリ:
空き家の管理方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


放火で燃えた空き家


大切な家や財産を守るために必要な保険といえば、火災保険ですよね。

マイホームを所有している人はもちろん、賃貸物件に住んでいる人も契約時に賃貸用の火災保険に加入することが条件になっているケースも多いです。

人が住む家に必要な火災保険ですが、人が住んでいない空き家の場合はどうなんでしょうか?

今回は、空き家と火災保険についてご紹介します。


空き家にも火災保険は必要!その理由は保険の特徴にある


火災保険は、その名称から「火災が起きた時に補償してくれるもの」だと思っている人もいますが、補償対象は火災だけに限りません。

火災保険は、以下のような災害が原因で起きた場合の損害も補償してくれます。

 

・台風や豪雨などによる洪水、高潮、土砂崩れ(水災)

・台風、突風、竜巻、暴風など(風災)

・豪雪や雹(ひょう)など(雪災・雹災)

・落雷など

 

また、補償する範囲は建物そのものだけでなく、家具や家電などの家財道具も含まれます。

何らかの災害が起きた時、損害を受けた建物や家財道具の修理代を全て自分の貯金でまかなうのは厳しいですが、保険に加入しているとその費用をカバーすることができます。

 

「でも空き家にはそんな大事な家財道具を置いていないから、やっぱり火災保険は不要なんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

確かに、誰も住んでいなければ自分が原因で火事を起こす心配は低いでしょう。

しかし、『空き家を放置する3つのデメリット 知らないと損をする!』でもご紹介したように、空き家は放火される危険性が高いです。

もし放火されてしまうと、所有する建物だけでなくご近所の家にも延焼してしまうかもしれません。

放火以外でも、例えば台風で屋根の瓦が吹き飛んでご近所の家を傷つけたり、人をケガさせたりしてしまう可能性もあります。

そうなると、ご近所さんから「お宅がきちんと管理していなかったせいだ!責任を取ってよ!」と損害賠償を請求されかねません。

請求された場合、あなたの貯金だけでご近所さんが受けた損害まで補償するのはかなり厳しいでしょう。

その点、火災保険に加入しているとご近所さんへのお見舞金や損害賠償をまかなうことができるため、空き家でも保険の加入は必要なのです。

 

なお、人が住んでいる家が原因で近隣の家や人に被害を与えてしまった場合は個人賠償責任保険という特約で補償をカバーすることができます。

一方、空き家の場合は施設賠償責任保険を特約としてつけないと、損害をカバーすることができません。


空き家に必要な火災保険に加入する時の注意点


先ほどの話で、空き家でも火災保険への加入が必要だということがお分かりいただけたと思います。

現在火災保険に加入していない空き家を所有している人は、「早く入らなきゃ!」と思うでしょう。

しかし、ここで一つ注意していただきたいのが、全ての空き家が火災保険に加入できるとは限らない点なんです!

 

実は、火災保険の対象建物は住宅物件と店舗や事務所などの一般物件に分かれます。

なぜ分けているのかというと、建物は物件ごとに構造や用途が異なる=必要な保険のタイプや保険料・特約が変わるためです。

そして住宅物件は当然人が住んでいる家が対象ですが、人が住んでいない家は一般物件に分類されるケースが多いんです。

ただし、建物の傷みがひどい場合などは、住宅物件・一般物件のどちらとも保険の加入を断られてしまう可能性があります。


また、仮に入れたとしても住宅物件より一般物件の方が保険料は高くなるので、そのことも覚えておきましょう。


空き家に必要な火災保険に入るための建物の維持費はどのくらいかかる?


空き家に必要な火災保険に入るためには、建物がきちんと管理されていることも重要な条件です。

とは言え、空き家を管理するにはそれなりに維持費がかかります。

 

空き家の維持費としては、税金(固定資産税・都市計画税)、水道光熱費、庭木の剪定費、建物の修繕費などがかかります。

いずれの項目も、建物の状態によってかかる費用は変動しますが、トータルで数十万円~数百万円はかかる見込みです。

例えば、固定資産税と都市計画税は固定資産税評価額に一定の税率をかけて納税額が決まります。

 

例:建物の固定資産税評価額が1,500万円、土地の固定資産税評価額が2,000万円の場合

 

固定資産税

建物…1,500万円×1.4%=21万円

土地…2,000万円×1/6×1.4%=4万6,760

 

合計…256,760

 

都市計画税

建物…1,500万円×0.3%=45,000

土地…2,000万円×1/3×0.3%=19,980

 

合計…64,980

 

※面積が200㎡以下で家屋が建っている土地は、固定資産税が1/6に、都市計画税が1/3に減額されます。

 

上記の計算からも分かるように、税金だけで既に30万円以上はかかります。

さらに、先ほど挙げた税金・水道光熱費・修繕費・庭木の剪定費以外にも、火災保険料や自宅と空き家までの往復の交通費などを含めると、維持費はもっとかかります。

いくら必要なお金とはいえ、少しでも節約できるところはコスト削減したいですよね。

 

そんな時に頼れるのが、空き家管理を行う不動産会社です。

近年は、自分で空き家を管理することが難しい人に代わって管理を行う不動産会社が増えています。

家屋の管理方法はもちろん、現在の空き家の状態で火災保険に加入できるのかどうか、加入済であれば補償内容と保険料の見直しが必要かどうか相談することができますよ。


まとめ


「誰も住んでいない家に高い保険をかけるのは嫌だ」と思って無保険のままでいると、いざ自然災害によって被害を受けた時や他の家や人を傷つけてしまった時にとても困ります。

そのようなリスクを避けるためにも、空き家の管理方法と併せて火災保険の必要性についてもぜひ考えてくださいね。

 

全国空き家管理ナビでは、空き家のエキスパートである不動産会社を検索することができます。

所有する空き家でお困りの人は、ぜひご利用ください。