空き家をインスペクション(住宅診断)して安心できる取引を行おう!

カテゴリ:
空き家活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


空き家のインスペクションを行う住宅診断士


最近空き家の活用方法として、移住者向けに家を売ったり貸したりするケースがあります。

この方法は、新しく住む人が家の管理を行うため、空き家の増加を抑えることが期待されています。

移住希望者にしてみれば、空き家は築年数が古くなっている分安く買ったり借りたりすることができるので、「安い家で移住生活を送りたい」と考える人にとってお得な物件です。

売る側・貸す側にしても、「自分じゃ管理するのが難しいから、住んでくれる人に任せられるなら楽だな」と思いますよね。

 

しかしいくらお得な物件といっても、実は思った以上に劣化が進んでいて住むのに問題があるようでは、空き家の所有者も住む人も安心して取引できないですよね。

そこでおすすめしたいのが、インスペクションなのです!


空き家のインスペクションって何?


インスペクション(ホームインスペクション)とは、「この家は安心して住むことができるのか?」と専門家が検査する住宅診断のことです。

昔から中古住宅の流通が多い欧米では一般的に行われている方法ですが、新築住宅を好む日本ではあまりなじみがありませんでした。

しかし、20184月に宅地建物取引業法(宅建業法)が改正されてインスペクションの活用が盛り込まれたことで、中古住宅の取引をする際に住宅診断を行うケースが増えました。

そしてこのインスペクションは、人が住んでいる中古住宅だけでなく空き家にも行うことができます。


空き家をインスペクションするとどんなメリットがあるの?


日本で徐々に浸透し始めているインスペクションですが、空き家に対して行うことで、より安心して取引ができるメリットがあります。

 

例えば、あなたがある空き家を購入しようか考えた時「シロアリはいないかな、雨漏りはしないかな」など、気になる点が出てくるでしょう。

もしかしたら、購入後に大がかりな修繕が必要になり、思わぬ出費が発生するかもしれません。

そんな不安が残る家、誰も買いたいとは思いませんよね。

その点、インスペクションを行うと空き家の劣化状況を把握することができます。

どこが劣化しているのか、今は大丈夫だけど将来修繕が必要になりそうな箇所はどこか把握すると、買いたい・借りたい側も安心して取引ができるんです。

 

また売る・貸す側としても、家屋の劣化状況を把握することで「ここをそのままにしておくと危ないから、修繕してから引き渡そう」など判断しやすくなります。

もし空き家の劣化状況を把握せずに物件を引き渡してしまうと、「こんな劣化があるなんて聞いていない!」とトラブルが起きる可能性があるかもしれません。

つまり空き家のインスペクションを行うことは、売る・貸す側と買う・借りる側のどちらにとっても大切なことなんです!


空き家のインスペクションはどこをチェックする?


空き家の取引において重要なインスペクションを行う場合、以下のポイントをチェックします。

 

構造耐力の安全性に支障をきたす可能性がある箇所

 

・柱、梁、床、壁、基礎など

(例:シロアリ被害がある、床が斜めになっている、鉄筋が錆びて汁が流れ出ている)

 

雨漏り・水漏れの可能性がある箇所

 

・屋根、外壁、天井、内壁など

(例:屋根の防水材が破断している、屋外サッシの建具が破損している、天井から雨漏りしている)

 

設備配管が日常生活に支障をきたす可能性がある箇所

 

・給排水管、給湯管、換気ダクトなど

(例:給水管内部が錆びて水が赤くなる、排水管が詰まっている、換気ダクトの調子が悪く換気不良を起こしている)

 

いずれの箇所も、劣化が進むとそのまま住み続けることができなくなる可能性があるところばかりです。

特に空き家は、長いこと人が住んでいない分劣化が進みやすく、目に見えないところが思った以上に傷んでいたというケースも少なくありません。


空き家のインスペクションを行う時の検査方法は?


空き家のインスペクションを行う場合、検査方法は主に目視・触診・打診・計測があります。

目視は、検査対象の箇所を目で見て劣化状況をチェックする方法です。

目視だけで判断することが難しい箇所は、直接触る(触診)・道具を使って叩く(打診)・機器を使ってはかる(計測)などの方法を用いてチェックします。

チェックを行うのは住宅診断士と呼ばれる資格を持つ人です。

住宅診断のプロならではの目線で家屋の状態を確認してくれるので、素人の目には一見問題がなさそうに見える家でも、思わぬ傷みが見つかることもあります。

インスペクションが完了すると、家屋の現在の状況をまとめた住宅診断報告書が作成されるため、取引の際はこれを見ると空き家の劣化状況が把握しやすくなりますよ。

 

なお、インスペクションは一次診断と二次診断があり、現状を把握するための基礎検査は一次診断となります。

一方耐震性のチェックは、より詳しい現状把握を行うための二次診断に分類されるため、インスペクションを依頼すると必ず行われるわけではありません。

古い空き家の耐震性も心配という人は、二次診断まで依頼すると良いでしょう。


まとめ


空き家は思った以上に傷みがひどくなっている部分もあり、それに気付かず取引を行うと後で大きなトラブルになりかねません。

空き家を提供する側・提供を受ける側のどちらも安心して取引が行えるように、インスペクションはぜひ行いましょう!

 

全国空き家管理ナビでは、空き家のインスペクションを行う不動産会社や住宅診断士の斡旋を行う不動産会社の検索が可能です。

所有する空き家のインスペクションを依頼したい人は、ぜひご活用ください!