空き家に残された仏壇は自宅へ移動させていいの?

カテゴリ:
空き家の管理方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


空き家に残されていた仏壇を移動させた人


実家が空き家になった時、「もう実家に住むことはないし、このまま管理し続けるお金も体力もないから売ろう」と考える人もいますよね。

その時、家の中に残っている家具や家電は処分しますが、ネックとなりやすいのが仏壇です。

「ご先祖様を祀っているものを簡単に処分することはできないし、かと言ってそのままほったらかしにするわけにはいかないし…どうしたら良いの?」と悩む人は少なくありません。

さて、空き家を売る時、仏壇はどうしたら良いんでしょうか?



空き家の仏壇は今の自分の家に移そう


空き家の仏壇の扱いとしておすすめの方法は、今の自分の家に移すことです。

とは言え、昔の家だとサイズが大きくて今の自宅に置けるスペースがなかったり、壁の一部に造り付けていて取り外せないケースもありますよね。

そうなると、物理的に移動させることが難しくなってしまいます。

 

そんな時は、思い切って買い替える方法がおすすめです。

最近は、マンションやアパートなどの集合住宅や、仏間のない一戸建てでも設置しやすいコンパクトサイズの仏壇も販売されていますよ。

デザインや予算に応じて選べるので、自宅近くの仏具屋さんや通販サイトなどで色々見比べて決めましょう。



空き家の仏壇を移動させる手順は?


空き家の仏壇を自宅まで移動させることを決めたら、次に悩むのが「どういう手順で移動させたら良いの?」ということです。

普通の引っ越しなら、荷物をまとめて業者さんに運んでもらうだけでOKですが、さすがにご先祖様を祀っている大事なものを簡単に移動させるのはためらいますよね。

 

ここで相談するべき相手が、お寺の住職さんです。

ご先祖様が眠るお墓を管理してくれているお寺の住職さんに、「実家が空き家になって売ることにしたけど、仏壇の移動はどうしたら良いですか?」と聞いてみましょう。

やむを得ない事情で仏壇を移動させなければならない人は結構いらっしゃるので、住職さんはその時にするべきことをきちんと教えてくれますよ。

 

なお、古い仏壇から新しい仏壇へ移動させる場合は、一般的に以下の手順で進められます。

 

・新しい仏壇を用意する

 

まずは、ご先祖様の位牌や仏具を置くための新しい仏壇を用意しましょう。

先に挙げたように、今は集合住宅や仏間のない一戸建てでもちょっとしたスペースに置けるコンパクトサイズのものが販売されているので、置きたい場所の大きさに合った仏壇を買います。

 

・古い仏壇からご先祖様の魂を抜く

 

次は、古い仏壇に祀られているご先祖様の魂を抜きます。

これは素人ではできないので、お墓を管理してもらっているお寺の住職さんに依頼しましょう。

これをしないと、ご先祖様の魂が宿ったまま古い仏壇を捨ててしまうことになるので、とても大事なポイントです!

 

・新しい仏壇にご先祖様の魂を入れる

 

その次は、抜いた魂を新しい仏壇へ入れます。

これも住職さんにお願いして行っていただきましょう。

ここまで行ったら、ご先祖様の魂のお引っ越しは完了です!

 

・古い仏壇を処分する

 

ご先祖様の魂も無事に移し終えたら、最後は古い仏壇を処分します。

処分方法としては、『仏具店での引き取り・お寺での引き取り・自治体へ粗大ゴミとして出す』のいずれかがあります。

ただし、いずれの方法も原則有料となること、必ず全ての仏具店・お寺・自治体が引き受けてくれるとは限らないことを覚えておきましょう。

引き取りの可否と料金については事前に確認し、適した方法で処分してくださいね。

※自治体でも粗大ゴミとして出せない場合は、専門業者に回収してもらう方法がありますので、そちらもチェックしておくと良いでしょう。

 

なお、上記の工程のうち、魂を抜くことと新しく魂を入れることについてはお寺の宗派によって考えや呼び方が違うこともあるので、お願いする住職さんにその点も確認しましょう。



空き家に仏壇を残したまま売却の相談はできる?


これまでは、空き家にある仏壇の処分の仕方を紹介してきましたが、時には何年もほったらかしにしたままの人もいます。

「遠方で管理がしづらい」「処分が面倒」などいろいろ理由がありますが、ここで疑問に思うのが「仏壇を残したまま売却の相談ってできるの?」ということではないでしょうか。

特に、造り付けタイプのものは取り外すことができないため、どうしても残してしまうケースもあります。


そんな場合でも、空き家の売却に関する相談をすることは可能です。

空き家管理や不動産売却を承っている不動産会社によっては、仏壇付きのままで売却査定を行うこともできますよ。

ただ、ご先祖様の魂の移動が終わっていないままでは売却することが難しいので、先に魂抜きと魂入れを行ってから相談するのがベストです。



まとめ


生きている人の引っ越しと違い、姿がないご先祖様を祀っている仏壇の処分方法は、多くの方が悩むポイントです。

ですが、「面倒だから」という理由でほったらかしにしているといつまでも空き家を売ることができませんし、ご先祖様に対しても後ろめたい気持ちを持ち続けることになってしまいます。

きちんと手順を踏めば何も問題はないので、ご先祖様のためにも空き家を早めに売却するためにも、仏壇の処分は速やかに行いましょう。


全国空き家管理ナビでは、空き家の売却に関するご相談を承っている不動産会社の検索も可能です。

ご自分で管理することが難しい空き家の売却について相談したい時は、ぜひご活用ください。