どうして空き家は増えているの?その理由と固定資産税との関係

カテゴリ:
ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家増加の理由

 

突然ですが、皆さんの住んでいる街にはどのくらいの空き家がありますか?

中には「うちは結構都会で人口も多いから、あんまりないと思うな」と、考えている人もいると思います。

確かに、以前は空き家が多い地域=田舎というケースが多かったですが、ここ数年は都会でも増えているんですよ!

どうして日本では、こんなにも空き家が増えているんでしょうか?


 

空き家が増えている理由は様々


空き家が増えている理由の一つに、人口が減少していることが挙げられます。

ただ、それ以外にも結構深刻な理由があって増えているケースもあるんですよ。

 

・思い出の家を手離したくない

実家の両親が亡くなって誰も住まなくなった後も、そのまま残しているケースは多いです。

その理由は「自分が生まれ育った家を手離したくない、両親との思い出が詰まった家を残しておきたい」というものです。

 

・いつか住むかもしれない

誰も住んでいない実家を残す人が挙げる理由として多いもう一つの理由が、このパターンです。

この場合、いつ頃から住むか具体的なスケジュールが決まっている人もいれば、「とりあえず残しておこう」と、漠然とした感覚の人もいます。

 

・物置として使っている

こちらも実家を残す人が意外と多く挙げる理由です。

トランクルームと違って毎月の使用料を支払わなくても良いですし、しかもスペースが広いので大きな荷物も保管しやすく便利ということで、物置代わりに使う人が多いようです。

 

・お金がない

こちらは空き家を手離す気があるものの、予算不足でなかなか実行に移せないケースです。

古い家を取り壊して新しくアパートを建てて入居者を募集するにしろ、必要なリフォームをして売るにしろ、解体して更地にするにしろ、お金がかかるので大変ですよね。

 

・関係者全員の賛同を得られない

共有名義になっている家は、名義人全員の同意がないと処分することができません。

実際、他の名義人は処分に賛成しているのに、一人の名義人が反対しているため放置されっぱなしというケースもあります。

 

・そもそも所有者が分からない

自分の実家ではなく近所に空き家がある場合、その所有者が分からなくて処分できないケースも少なくありません。

いくら所有者が分からないと言っても、人様の資産であることには変わりないので、勝手に処分することはできないのです。


 

空き家が増える理由を解消したい!そのための対策とは


先ほど紹介したように、空き家が増える理由には気持ちの問題だったり、金銭的・権利関係の問題だったりと色々あります。

また、自分が所有者でない空き家を処分する場合、その手続きが複雑で時間も労力もお金もかかるため、それを理由に仕方なく空き家を放置している人もいます。

 

そうした空き家を減らすため、2015年に施行されたのが『空家等対策の推進に関する特別措置法(空家特措法)』です。

この法律には、特定空き家に指定された場合は固定資産税軽減措置から除外するという厳しいルールが盛り込まれています。

 

通常、土地の上に家が建っている場合は特例対象として、その土地にかかる固定資産税を6分の1に抑えることができます。

ただし、家を取り壊して更地にしてしまうと、この特例対象から除外されてしまい、固定資産税がぐっと高くなってしまいます。

解体費用だって安くないのに、更地にすると税金も高くなるなら、空き家でも残しておいた方が良いですよね。

しかし、そういう理由で放置されている空き家が多いため、それを何とかするために設けられたのが、特定空き家なんです。

特定空き家に指定されてしまうと、たとえ家が建っていようとも固定資産税の軽減措置特例対象から除外され、結局高い税金を納めなくてはいけません。

 

また、この法律では所有者が不明の空き家を、最終的に行政が取り壊すことができるルールも盛り込まれています。

実際、法律施行後は神奈川県横須賀市や大分県別府市、東京都葛飾区、兵庫県明石市など、既にいくつかの自治体で行政による取り壊しが実施されました。

 

かなり厳しいルールですが、これも増え続ける空き家をどうにか減らせるように国が考えた対策なんです。

 


空き家に関するペナルティを受けないためにできること


特定空き家の固定資産税軽減措置の除外は、思った以上に重いペナルティです。

では、それを受けないようにするにはどうしたら良いんでしょうか?

答えは「空き家の管理をちゃんとすること」です。

空き家の管理とは、家が傷まないように換気や通水・掃除をしっかり行うことや、庭の草木をきちんと手入れすることです。

普通に人が住んでいる家と同じように管理をするだけで、傷み具合はかなり違いますよ!

 

とは言っても、今住んでいる場所と空き家までの距離が遠かったり、体力的な問題で自己管理が難しい場合は、プロにお願いしましょう。

もちろんその費用はかかりますが、月々数千円で適切に管理をしてもらえて、それで固定資産税軽減の特例対象から除外される可能性が低くなるなら、無駄な出費ではないはずです。

 

関連記事:深刻な日本の空き家問題。どうしたら適切に管理できるのか


 

まとめ


様々な理由があるとはいえ、やはり空き家を放置することは誰の得にもなりません。

「あの時ちゃんとしていれば…」と後悔する前に、できることをきちんと行いましょう。

 

空き家管理ナビには、全国で空き家管理を行う不動産会社の情報が多数あります。

管理を任せたい人はもちろん、売ったり貸したりしたい人、リフォームを依頼したい人などにもおすすめの会社情報がありますので、ぜひ探してみてください!