知らないと危険!空き家の劣化が早く進む3つの原因

カテゴリ:
空き家の管理方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、「家は人が住んでいないと劣化が早くなる」という言葉を聞いたことがありますか?

どんなに立派な家でも、時間が経つと徐々に傷みが目立つようになりますが、どうして空き家だとその劣化のスピードが早くなるのでしょうか?

「むしろ、人が住んでいる家の方が劣化するスピードが早い気がするけど…」と、思う人もいるかもしれません。

今回は、空き家が早く劣化する原因について調べてみました。


空き家の劣化



空き家の劣化が早い原因① 換気が不十分


大きな原因の一つに、換気が不十分ということが挙げられます。

人が住んでいる家は、頻繁に窓やドアを開けているため、家の中全体に風が通りやすいです。

でも、空き家は誰も住んでいないため、当然窓もドアも開けてくれる人がいません。


家の造りによっては、風の通り道がうまく作れていないケースもありますが、それでも人が住んでいる以上は、空き家に比べるとまだ良いです。

 

また、窓やドアを開けること以外でも、換気扇を回したり人が動いて空気の流れを造ったりすることも家の中の空気を循環させて風通しを良くすることができます。

しかし、誰もいない家ではそれもできません。


換気が不十分=湿気が溜まりやすくなるため、ジメジメした場所を好むカビが繁殖し、家を劣化させる原因となってしまうんです!


 

空き家の劣化が早い原因② 水が流れない


2つ目の原因は、水が流れないということです。

「そんなこと、人が住んでいる家でもあることじゃん」と思った人もいますよね。

確かにそうなんですが、空き家の場合はちょっと違って、厳密には「普段から水を使うことがない」という意味なんです。

 

私たちは普段、キッチン・お風呂・トイレ・洗面台と、あらゆるところで常に水を使いますよね。

実はこれ、水を流す給排水管にとってはすごく大事なことなんです!

なぜなら、給排水管は日頃から水を流すことによって内部の水が蒸発するのを防ぎ、悪臭や虫が発生しないようにすることができます。

しかし、空き家では水を使うことがないため、給排水管の中の水が蒸発し、悪臭や虫が発生してしまう原因となるのです。

 

他にも、水を流すことで一緒に流れるはずのヘドロや異物が給排水管の中で固まってしまうことで、管の劣化が早まってしまうというデメリットもあるんですよ。


 

空き家の劣化が早い原因③ 掃除や適切なメンテナンスがされない


3つ目の原因は、掃除や適切なメンテナンスがされないことです。

掃除をしなければ家の中はあっという間にホコリだらけになりますし、庭の草木も伸び放題となってしまいますよね。

こういう状態は、害虫にとって格好の繁殖源となりますし、草木が荒れ放題の庭には野良犬や野良猫が住み着いてしまう可能性があります。

伸び放題の草木は、やがてお隣さんの敷地へ侵入し、花や果実を落としたり虫を発生させたりと、迷惑をかけることだってあるかもしれません。

 

また、家の床・天井・屋根・外壁なども、定期的なメンテナンスを行わないとサビやひび割れなどが悪化し、いつか家屋が倒壊する危険性も高まってしまうのです!

空き家が劣化したことで家屋が倒壊し、そのせいでご近所の人たちにケガをさせてしまったり、周辺の家や車を傷つけてしまった場合は、損害賠償を請求されてしまう可能性もあります。


 

空き家の劣化はどのくらいの期間から目立ち始める?対策方法は?


これまでのお話で、空き家の劣化が早まる原因と、それによって考えられる悪影響をご紹介しました。

とは言え、空き家の劣化はどのくらいの期間から目立ち始めるのかも気になりますよね。

空き家の状態や周辺環境など、条件によって劣化のスピードは変わりますが、早いと12ヶ月くらいから傷みが目立ち始めます。

半年経つ頃には、「この家、元はどんな状態だったっけ?」というくらいまで劣化が進んでしまっているかもしれません。

そんな状態の空き家は、空き巣やその他犯罪者にとって良いターゲットになり、地域の治安悪化につながってしまいます。

 

そうした空き家が劣化する原因を防ぐには、やはり人の手によるメンテナンスがおすすめです!

全国空き家管理ナビがご紹介している空き家管理サービスを行う会社では、誰も住んでいない家の劣化を防ぐための対策を行います。


家のプロが傷みやすい箇所を入念にチェックし、修繕が必要だと判断したら適切に処理をしてくれるので安心です!

もちろん、チェック後はきちんと内容や家の現状を報告してくれますし、メンテナンスを行う前には相談もしてくれます。


 

まとめ


空き家管理は思った以上にお金も体力も時間も使うので、負担が結構大きいものです。

自己管理が難しい人は、思いきってプロに空き家管理を依頼する方が負担も軽減できて、空き家も適切な状態を維持しやすくなるのでおすすめです!


今後誰も住まなくなる予定の家や、既に誰も住んでいない家をお持ちの人は、劣化が進んで周囲に迷惑をかけてしまう前に、ぜひ検討してみてください。