空き家にゴキブリが!繁殖する原因は何?どうやって駆除したら良い?

カテゴリ:
空き家の管理方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


空き家に潜むゴキブリを駆除する薬剤


家の中でもっとも出会いたくない害虫といえば、やはりゴキブリではないでしょうか。

気温がどんどん上がるこれからの季節は、ゴキブリの活動が活発化する時期です。

しかもゴキブリは、人が住んでいる家だけでなく、空き家にも発生するんですよ!

今回は、空き家にゴキブリが増える原因と駆除の仕方を紹介します。




▼空き家にゴキブリが繁殖する理由


誰も住んでいない空き家には、外から勝手に持ち込まれたゴミなどがない限り、生ゴミや食べかすなどはありません。

それなのにゴキブリが増殖する原因は、以下の点があるからなんです!

 

・侵入しやすい住環境

空き家に発生するゴキブリは主にクロゴキブリが多く、初めから居ついているわけではありません。

使われなくなった家中の排水口やエアコンのホースなど、外部とつながる穴や隙間から簡単に侵入してきます。

 

・ゴキブリの好物が放置されている

放置した空き家の中には、ホコリや虫の死骸がいっぱいいます。

どちらもゴキブリの好物なので、これも無限に増殖する原因になっています。

たとえるなら、小さなホコリから起こる嫌な食物連鎖といったところでしょうか。

とにかく手入れされていない空き家には、害虫が喜ぶエサが日々積もっているのです!




▼空き家にゴキブリを発生させないための対策は?


空き家にゴキブリを発生させないためには、住み着かれてしまう前にしっかりと対策をしておくことが重要です。

 

・通風で湿気を逃す

室内にこもった湿気を入れ替えるために、定期的に空き家の空気を入れ替えましょう。

通風時は、窓や玄関など空き家の開口部をすべて放ち、換気扇を作動させて室内中に風がまんべんなく行き渡るようにします。

閉め切っている時間が長い分、空気の入れ替えにかける時間は半日くらいが理想的ですが、そこまで時間がとれない時は1時間だけでもOKです!

 

・上下水道の通水

排水口のS字トラップに水が溜まっている状態をキープしましょう。

排水口の管に溜まる水は、外部から害虫が侵入してくる経路を塞ぐ役目を果たします。

通水は、S字トラップに水を張ることが目的なので、通風ほど時間をかけなくても大丈夫ですよ。

なお、水を張る前に一度塩素系のパイプ洗浄剤を投入し、排水管の中をきれいにしてから新しい水を張るのがオススメです。

 

・定期的な掃除

ゴキブリのエサとなるホコリや虫の死骸を増やさないように、定期的に空き家を掃除しましょう。

また掃除の際にゴミや空の段ボールが出たら、それらは必ず持ち帰って処分すること、庭木や植物用の堆肥が残っていたら撤去することも忘れないでくださいね。




▼空き家にゴキブリが出てしまった時の駆除方法


しっかり対策を行っていても、残念ながらゴキブリの侵入を100%防げないこともあります。

もし空き家にゴキブリが発生したことを確認したら、早めに以下のような駆除を行いましょう!

 

・殺虫剤で駆除

見つけたそばから、殺虫剤をゴキブリめがけて噴射してやっつける方法です。

ホームセンターやドラッグストアなどで、1本300円~500円程度で購入できますよ。

ただし、チャバネゴキブリと呼ばれる種類は殺虫剤に強いため、もし空き家に発生したゴキブリがこのタイプの場合は要注意です!


そして、殺虫スプレーは可燃性ガスを含んでいる商品が多いです。

可燃性ガスは高温になると破裂し、漏れたガスが気化すると火災の原因になる恐れがあります!

そのため、殺虫剤を使用したら直射日光が当たったり高温になったりしない場所に保管するか、持ち帰って自宅に置いておくかなどの対策を取りましょう。

 

・噴煙タイプの殺虫剤を部屋に充満させる

ゴキブリは、家具家電の隙間や天井裏などに潜んでいることが多いです。

そのようなところに隠れているゴキブリも退治するには、噴煙が出るタイプの殺虫剤を利用しましょう。

噴煙タイプの殺虫剤は、3セット400円~800円くらいで入手できますよ。


ただし、使う時は火災報知器や煙感知器が反応しないように、細心の注意を払ってくださいね。

商品によっては、警報器が噴煙を感知しない殺虫剤もありますので、そちらを使うのも良いでしょう。

 

・毒餌タイプの殺虫剤を設置する

毒餌をゴキブリに食べさせて巣に持ち帰らせ、根こそぎ退治する方法です。

餌を設置するだけなので簡単にも関わらず、駆除効果が高いのでおすすめの方法ですよ。

毒餌タイプの商品は、1500円~800円くらいで購入できます。

 

・業者に依頼する

自力での駆除は無理!という方は、ハウスクリーニング業者やシロアリやなどの害虫駆除業者に依頼しましょう。

標準的な30坪程度の2階建て住宅なら、だいたい15,000円前後で駆除してもらえますよ。

業者による駆除は、まずゴキブリに毒を食べさせて、その毒を巣に持ち帰らせ、一網打尽を狙うベイト式といわれる方法が一般的です。


ただし、羽化してない卵はこの方式で駆除できないため、成虫から卵まで全てのゴキブリを完全に駆除するには数回の作業が必要です。

もちろん、その分費用も加算されるので、事前に見積をしっかり確認しましょう。




▼まとめ


害虫の中でも生命力が強いゴキブリは、一度住み着かれるとあっという間に増殖してしまい大変です。

気付けばゴキブリだらけの空き家にならないように、日頃から害虫対策をしっかり行い、姿を見つけたら早めに駆除しましょう!

ゴキブリ対策は、家屋を適切に管理して老朽化を遅らせる役目も果たすので、まさに一石二鳥ですが、自分で管理するのが難しいなら、プロに任せてみませんか?

全国空き家管理ナビでは、空き家管理にお困りの人を助けてくれる業者を探すことができますよ!

依頼したい内容に対応してくれる専門業者探しの際は、ぜひご利用ください!