空き家を登録する空き家バンクの利用でできること・できないこと

カテゴリ:
空き家活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


空き家バンクを利用している空き家


空き家バンクを利用して空き家を活用する動きが全国的に広まっています。

誰も住んでいない住宅の管理に困って売却や賃貸を考えるものの、個人の力だけでは前に進めづらいものですよね。

そこで活用できるのが、「借り手や買い手」と「貸し手や売り手」をマッチングさせる空き家バンクです!

今回は、空き家バンクの利用方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!




▼空き家バンク利用には登録が必要


空き家バンクを利用するには、まず各自治体にて登録が必要です。

自治体のホームページで必要書類などの確認をし、専用窓口で提出しましょう。

申請を終えると担当者による建物のチェックがあり、登録に支障がなければ、建物の査定などの意見交換が行われ、すべての条件を満たした段階で空き家バンクに登録が決まります。

最終的に「登録完了証書」の発行を受ければ晴れて登録完了です!




▼空き家バンクの利用で公開される情報


空き家バンクの利用で公開される情報は、基本的には一般の賃貸や売却物件と変わりません。

主な公開情報は以下を参考にしてくださいね。

 

・空き家バンクの登録番号

・売却か賃貸か

・所在地(番地掲載はなし)

・売却または賃貸価格

・物件の概要

・物件の位置図、間取りや敷地の図面

・現地の写真

 

登録時に第三者により査定があり、相場価格を案内してもらえますが、売却や賃貸の価格は所有者の希望が反映されます。

好きな価格を決定できますが、相場とかけ離れた金額にしてしまうと買い手や借り手が見つかりにくくなります。

購入もしくは賃貸希望者が現れたら価格交渉のやり取りをしたり、希望者がなかなか見つからなければ価格を見直したりする必要があるので、最初の価格は希望より少し高めに設定すると良いでしょう。

 

また、家の概要には建物の内容だけでなく、周辺環境についてアピールできることを記載します。

平面の情報だけで、食いついてもらえる内容を盛り込めば、空き家バンクの利用価値がさらに上がるかもしれませんね。




▼空き家バンクの利用でできること


空き家バンクの利用でできることは、利用者と所有者のマッチング推進による住宅の有効活用です。

 

・サイトでの情報発信

田舎における空き家は利用者を見つけることが難しいので、インターネットにて全国的に情報を発信できる空き家バンクの存在は大きいでしょう。

一個人で売却や賃貸の募集をかけたところで、買い手や借り手を見つけるどころか、周知させることがまず困難です。

その点、空き家バンクなら全国各地へ不動産の存在をアピールできるので、利用希望者の目に留まる可能性が高くなります。

 

ライフスタイルが多様となった近年は、都会から田舎への移住ニーズがありますので、空き家バンクをチェックしている方に所有の物件がヒットするかもしれませんよ。

なんとなく空き物件を所有していたり、管理に困ったりしているのであれば、登録して不動産活用をするのもよいでしょう。

 

・空き家バンクの運営先は?

空き家バンクの運営主体は、各自治体です。

民間事業者が運営する全国版の空き家バンクもありますが、それらに掲載されている物件情報は全て自治体運営の空き家バンクが基になっています。

そのため、空き家バンクへの登録に興味がある人は、所有物件がある自治体のサイトをまずはチェックしてみましょう。




▼空き家バンクの利用でできないこと


空き家の有効利用に便利な空き家バンクですが、なんでもOKというわけではありません。

場合によっては利用できないこともあるので、事前にチェックしておきましょう。

 

・基準を満たさなければ登録できない

空き家バンクは、空き家であればどんな物件でも登録できるわけではありません。

大前提となる条件は以下の2つです。

 

・賃貸や売買、別荘などに利用されていない

・民間の不動産サイトに掲載されていない

 

また、老朽化が激しい場合には自治体の基準によっては登録を断られ、売却や賃貸の手前ではじかれるので注意が必要です。

 

・行政による仲介はナシ

空き家バンクの運営や登録可否の判断は自治体が行なっているため、利用者が現れた際の交渉も行政が取り持ってくれると思っている人もいるかもしれません。

しかし、行政の役割はあくまで当事者のマッチングまでで、それ以降買い手や借り手とのさまざまな交渉は、所有者が直接行なわなければなりません。

トラブルが起こらないよう慎重に交渉や契約を進める必要があるので、慣れていないと大きな負担がかかるため注意しましょう。




▼まとめ


空き家バンクをうまく利用すれば、空き家活用に効果を発揮できそうです。

利用者を比較的手間なく探し出せるのは大きな魅力といえるでしょう。

一方で、賃貸や売買の負担が大きいポイントである交渉を自身でせねばならず、利用者とトラブルにならないよう注意しなくてはなりません。

 

全国空き家管理ナビでは、空き家でお困りの人の相談を受けて、買い手や借り手を探すお手伝いをする不動産会社を検索できます!

しかも利用者が見つかった後の交渉や契約もサポートしますので、不動産取引に不慣れな人も安心して任せられますよ。

空き家バンクに登録した物件を買いたい(借りたい)という人が見つかった際の交渉や契約のサポートをお願いしたい人は、ぜひご利用ください!