空き家を賃貸にするメリット・デメリットって何?手続きはどうやるの?

カテゴリ:
空き家活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


賃貸にした空き家


空き家を所有しているけど特に活用していないという人の中で、「せっかくの資産だし、どうにか活用したいな」と思っている人はいませんか?

空き家の活用方法はいろいろありますが、賃貸として活用する方法はいかがでしょうか。

もちろんデメリットもありますが、まったく活用しないより有効的に空き家を維持できますよ!

今回は、空き家を賃貸にするメリットとデメリット、また賃貸にする場合のポイントをご紹介します。




▼空き家を賃貸に出すメリット


空き家を賃貸に出すメリットは、住宅の老朽化を防げることです。

家は人が住まなくなるとあっという間にボロボロになってしまいますが、賃貸にする=誰かに住んでもらうことで、そのような心配がなくなりますよ!

また、空き家の状態が良いうちに賃貸への利用を決めれば、修繕費用が少額で済むメリットも生まれます。


その他にも、空き家を賃貸にすると以下のようなメリットもあります。

 

・家賃収入の確保

空き家を賃貸にすると、月々の家賃が収入として入ってきます。

ただ空き家として放置しているだけでは、管理にかかるお金が出ていくばかりですが、誰かに貸し出して収入を得られることは、大きな魅力といえるでしょう。

得た家賃収入は、賃貸物件の維持管理費用として充てれば、人が住むために適切な状態を保ちやすくなりますよ。

 

・将来住みたくなった時の家を確保しやすい

空き家を賃貸にするということは、誰かに住んでもらいつつ資産を所有できるため、将来そこに住みたいと思った時の家を確保しやすいメリットがあります。

空き家を賃貸に出すことは、家賃収入を得ながら住まいの手入れを入居者にしてもらっているような状態なので、考え方によってはかなりお得な空き家管理法ともいえそうです。

 

ただの空き家を管理するには、将来住める状態をキープすることはなかなか根気のいる作業で、仕事などで忙しければ管理に時間を割くことが困難な場合もあります。

その点、賃貸にして入居者に換気や掃除をしてもらえるのは、大きな利点でしょう。




▼空き家を賃貸に出すデメリット


一方、空き家を賃貸に出すデメリットは、賃貸管理業務が発生することです。

 

・入居者とのトラブル

家賃滞納やご近所トラブルは、どんな賃貸物件でも起こりえる問題です。

もしそうした問題が起きたら、大家として対処しなくてはなりません。

 

・定期的な修繕費が必要

入居者を募ったり住み続けてもらったりするためには、快適に暮らせるように住環境を整えておかなくてはいけません。

空き家が現状のままで借り手が見つかりそうなら、貸し出す段階でリフォームする必要はないですが、放置されっぱなしの家は残念ながらリフォームや修繕が欠かせないケースが多いです。

空き家である期間が長いほど、さまざまな箇所で劣化の進んでいる可能性は高く、見た目に問題なさそうでも、修繕が必要となるケースは多くみられます。

リフォームが大規模にせよ小規模にせよ、住宅を住める状態に維持する修繕費用は外せません。

 

また、借り手がついた後でも付帯設備の劣化による故障にも対応しなくてはならず、退去後にはクリーニングも必要です。

 

・空室による収入の変化

入居者が引っ越してしまうと、当たり前ですが家賃収入が入ってきません。

次の入居者が決まる期間が長いほど、定期的な掃除などの維持管理業務に費用がかかる一方です。

 

かといって、空き家になった状態で放置していると劣化が進み、ますます借り手がつきにくくなってしまうため、いつでも貸し出せる状態をキープしておかなくては賃貸の意味を成しません。




▼空き家を賃貸物件にするときの手続き


空き家を賃貸物件にする手続きは、不慣れな場面にたくさん出くわしますので、ポイントや流れを押さえて、専門的なことは不動産会社の担当者に任せるのが良いでしょう。

なお、以下は空き家を賃貸物件にする際の手続きの流れです。

 

・空き家を査定し適正家賃を判断する

査定を専門業者に依頼し、立地や間取り、設備などから総合的に適正家賃を出してもらいます。

 

・家賃と入居者との契約形態を決定する

空き家所有者が支払う固定資産税などを考慮して、家賃を決めます。

併せて入居者の入居形態を期間限定の「定期借家契約」と、期限のない「普通借家契約」のどちらにするのか決定します。

所有者であるあなたが将来その空き家に住むつもりなら、定期借家契約にしておくと入居者の退去もスムーズに進められるでしょう。



▼まとめ

空き家の賃貸利用は、資産を適切に維持管理するための一つの選択肢です。

大家として管理する難しさはありますが、何もせずに維持や管理のためだけにお金をかけるより、家賃収入を得て活用する方がずっとお得ですよ。

 

全国空き家管理ナビでは、空き家を賃貸として活用したい人の相談を承る不動産会社や、賃貸管理を依頼できる不動産会社を検索できます。

所有する空き家を賃貸として活用しようか考えている人は、ぜひご利用ください!