空き家は家具付きで売却できる?家財道具の処分方法は?

カテゴリ:
その他
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


空き家に残された家具


空き家を売って処分しようとお考えの皆さん、家の中に家具が残っていませんか?

空き家の家具を売却時に一緒に引き取ってもらえたら、処分の手間が省けますし、まだまだ使えそうなら買主も喜んでくれそうな気がしますね。

今回は、空き家売却における家財道具の片付け方についてご紹介します。




▼空き家に家具を残したまま売却できる?


空き家に家具を残したままの売却は、基本的にはできません。

なぜなら、売主からすると価値のある家具や家電も、買主にとってはいらない場合がほとんどだからです。

 

また、売却を依頼する業者からも、不要な家財道具の撤去を求められるはずです。

空き家を含め、売却する不動産は室内を空っぽにしてから引き渡すことがルールなので、家具が残ったままだとなかなか売却が進みません。

空き家に興味をもった内覧者に、少しでも良い印象を持ってもらうためには、少しでもきれいな状態の方が望ましいです。

 

愛着のある家具の処分は心が痛むかもしれませんが、思い切って整理して、少しでも売却しやすくなるよう努めましょう。




▼空き家の家具・家電の処分方法


空き家の家具や家電を処分するには、さまざまな方法があります。

 

自治体の粗大ごみとして出す

粗大ごみとして自治体へ回収に出すと、費用が安く済みます。

大きな家具や家電は処分費用がかかりますが、自治体によっては小さいものなら無料で回収してくれる場合もありますよ。

なお粗大ごみとして処分する場合は、地域のクリーンセンターへの搬入や収集日の兼ね合いがあるので、スケジュールをしっかり確認しましょう。

 

不要品回収業者に依頼する

自分で粗大ごみとして捨てる手間をなるべく省きたいなら、不要品回収業者に引き取ってもらうよう依頼することをおすすめします。

仕事などでなかなか空き家整理の時間がとれない場合、指定日時に一気に処分できるので便利です。

重たい家具を運ぶ手間もなく、あっという間に家じゅうのものを運び出してくれます。

 

不動産会社に委託する

空き家管理を依頼している不動産会社にお願いするのも良いでしょう。

不動産会社の中には、空き家の家財道具を処分する業者と提携しているところもあるので、不動産会社に紹介してもらうことで一般的な価格より抑えた費用で片付けることができます。

また電化製品のなかでも、照明器具やエアコンなどは買主に引き取ってもらえる確率が高いので、担当者に買主へ尋ねてもらってもよいでしょう。

空き家が遠方で、現地に足を運びにくい場合に有効的な方法です。

 

知人・友人に譲る

知人・友人に声をかけ、誰かに譲る方法もあります。

うまく気に入ってもらえれば、愛着のある家具をまた利用してもらえるチャンスです。

捨てるに忍びない家具の場合、気分的にもありがたいですよね。

譲る人によっては、現地まで取りに来てくれるかもしれませんので、その点も含めて相談してみると良いでしょう。




▼専門業者に空き家の家具・家電を買取してもらう


空き家の家財道具の整理には、専門業者による買取の利用もおすすめです。

なるべく費用を抑えるだけでなく、換金することで多少なりとも手元に現金が入ってきます。

空き家の管理や売却には費用がかかりますので、できる限りで買い取りを検討する価値はあるでしょう。

買取には以下のようにさまざまな方法があり、好みや状況によって使い分けられます。

 

リサイクルショップに依頼する

リサイクル業者に依頼すると、日時を指定できて便利です。

その場で査定してそのまま買い取ってもらえるケースが多いので、手間がかかりません。

電化製品などは5年・10年をめどに買取の有無が変わりますが、買い取ってもらえなくても無料で引き取ってもらえる場合があります。

換金できなくても無料で回収してもらえれば助かりますので、「これは古い型だけど大丈夫かな?」と尻込みせずに尋ねてみましょう。

リサイクルショップの買取は、基本的に掃除の必要がないので、その点においても利便性が高いです。

 

インターネットオークションやフリマを利用する

インターネットのオークションやフリマを利用して買い取ってもらう方法もあります。

登録や配送の作業が苦にならす、時間に余裕があるのであればおすすめです。

オークションなら、思いがけない価格で落札されるかもしれませんよ。

登録作業は慣れてしまえば簡単ですので、興味のある方はチャレンジしてみると良いでしょう。

 

フリーマーケットに出店する

空き家がある街でフリーマーケットが開催されるなら、出店してみるのも良いでしょう。

コンパクトな家具やデザイン性の高い家電なら売れやすいです。

また、インターネットと異なって対面販売となるので、思い入れのある家具のことを話して大切に使ってもらえるチャンスでもあります。




▼まとめ


思い入れのある家具を処分するのはつらいかもしれませんが、空き家の売却を決めた以上は気持ちを切り替えて作業を進めなくてはいけません。

空き家の家具や家電を処分する際は、自分に合った回収や買取の方法を探してみましょう。

 

全国空き家管理ナビでは、空き家の売却や管理に関するご相談を承っている不動産会社を検索できます。

所有する空き家のことでお困りの方は、ぜひご利用ください。