空き家の雪下ろしを行わないと積雪によるリスクが高まる!

カテゴリ:
空き家の管理方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


空き家の屋根の雪下ろしをする人


空き家を放置すると、犯罪の拠点にされたり不法投棄が行われたりなど、様々な危険性が起きる可能性が指摘されています。

そしてこれからの季節は、もう一つ心配しなくてはいけないことがあります。

それが、『積雪による家屋の倒壊』です!

もし倒壊してしまうと、場合によっては近隣住民に迷惑をかけてしまう恐れもあります。

今回は空き家の雪下ろしの重要性や、業者を手配するメリットについてお話します。




空き家の雪下ろし 積雪によるリスク


あまり雪が降り積もらない地域の人にとっては、積雪によるリスクと言われてもピンとこないですよね。

しかし雪国の人やその地域に空き家を所有している人にとっては、積雪は毎年訪れる非常に深刻な問題なんです。

 

雪は含まれる水分量によって差はありますが、降り積もると私たちが想像する以上の重さになります。

一般的に、1㎡あたり10㎝の湿った雪が積もるとその重さは約15㎏、100㎡に10cmの雪が積もると1,500kgの重量になる事もあるんです!

ちなみに1,500kgの重さは普通乗用車(セダン系)1台とほぼ同じなので、屋根には相当な荷重がかかっている事になります。

特に豪雪地帯では、一晩で1m以上の雪が積もる事も珍しくなくないので、雪下ろしが毎日必要な時期もあるでしょう。

 

また積雪は時間と共に重みが増してくるので、老朽化が進んだ空き家などでは倒壊してしまう恐れがあります。

屋根に1m以上の雪が積もっている場合や雪の重みにより建物が傾いている場合、屋根に積もった雪と周囲にある雪が結合している場合などは非常に危険です!

 

他にも積雪による危険性は、落雪によって近隣住民へ被害が出てしまう事があげられます。

屋根に積もった重たい雪や氷、つららなどが落ちて歩行者がケガを負ってしまう事や、最悪の場合命に関わる事故に繋がるケースもあるかもしれません。

また、歩行者ばかりではなく通りかかった自転車や自動車に落雪した場合も、予期せぬ交通事故や交通障害を引き起こしてしまう恐れがあるので注意が必要です。




空き家の雪下ろしは危険が伴う?


所有している空き家が近所にある場合、自分で雪下ろしをしようとお考えの人もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、危険を取り除くために雪下ろしをすることはとても大切ですが、雪下ろし中の事故は毎年後を絶たず、時には死亡事故も発生しています。

その原因としてあげられるのは、雪下ろし中に屋根やはしごから滑って転落してしまうケースや、転んで排水溝へ落ちてしまうケースなど様々です。

特に一人で作業をすると、普段から人の目が届きにくい空き家の場合は転落してもすぐに気づいてもらえず、その結果重い障害が残ったり命を落としてしまう可能性が高まります。

もしくは、作業中に屋根が倒壊して落ちるかもしれません。

 

こうしたことを考えると、空き家の雪下ろしは危険因子が多く隠れているんです!




空き家の雪下ろしは管理会社に委託しよう


空き家の雪下ろし問題の解決法として、空き家を管理する管理会社に委託する事をおすすめします。

プランによって様々な管理を依頼する事ができ、冬季限定で雪下ろし作業をしてくれるサービスを行っている会社もありますよ。

他にも雪止めの設置や排雪、水抜きなど、雪国では必須の管理を依頼する事もできるので、様々なリスクを予防できます。

 

シーズン契約ができる管理会社では、除雪と排雪の頻度なども細かく相談する事ができるので、安心して任せられますよ。

自分では手間や時間、労力がかかって中々出来ない事も、業者に依頼すると適切な管理をしてもらえるのでおすすめです。




空き家の雪下ろしは手遅れになる前に早めに依頼しよう


積雪による様々な被害は、「人がいない家だから」や「自然現象である雪が原因だから」という理由では済まされません。

空き家の所有者は「土地の工作物等の占有者及び所有者の責任」が民法で定められており、他人に迷惑をかけた場合は賠償責任が発生します。

また空き家は積雪による様々なリスクが高い物件ですが、倒壊などで家屋を失っても所有者に損害はあまりないと判断され、火災保険が適用されない場合もあります。

そうすると膨大な賠償金を自分の貯蓄から支払わなければなりません。

 

他には、管理会社に雪下ろしを依頼したい場合も、会社によっては契約の枠数が決められている事があります。

「様子をみてから依頼しよう」と思っていると、契約できなくなってしまうケースもあるので、早めに問い合わせる事をおすすめします。

特に豪雪地帯に空き家を所有している場合は、早めの対処がリスクを軽減するための重要ポイントなので、本格的に雪が降るシーズン前にサービス内容などをチェックしておいて下さいね。




まとめ


住む予定はないけれど、何かしらの都合で空き家を解体、または売却しないでいる人は、積雪問題は他人事ではありません。

「まだ大丈夫」と思っていると、ある日突然倒壊して責任を負わなければいけなくなるかもしれませんよ。

普段は自分で管理しているけれど、冬の間だけ雪下ろしを頼みたいという人は、ぜひ空き家管理会社へ依頼する事も検討してみてはいかがでしょうか。

 

全国空き家管理ナビでは、空き家に関する様々なご相談を承ります。

最先端のシステムにより適切な空き家管理サービスをご提供いたしますので、お気軽にご利用下さい。